ホットいわむら

ホットいわむらとは?

城下町ホットいわむら

城下町ホットいわむらとは? 難しいことを言えば、恵那市地域自治区条例に基づき、市内13地域に設置された「地域協議会」(河村名古屋市長が提唱する地域委員会のような組織)の下に組織された“まちづくり実行部隊”で、恵那市総合計画に定められた6本の柱(下記※参照)に取り組む民間組織です。
難しいことを言えば、こういう表現になってしまいます。

城下町ホットいわむら
城下町ホットいわむら

でも、簡単に言えば、ふるさと“いわむら”を愛する集団。それは、生まれながらに“いわむら”に住む人だけではなく、新しく“いわむら”の住人になった人や“いわむら”を好きないわむらファンを含みます。
愛すべき“いわむら”をより素敵な町にするため、城下町ホットいわむらは、多くの人々に支えられ、多くの人のおかげで、今、ここにあります。

城下町ホットいわむら
城下町ホットいわむら

城下町ホットいわむらのメインテーマは、「未来に向けて みんなでやろまい 笑顔発信」。
「やろまい」とは、“いわむら”の方言で「やりましょう」という意味。
この理念により、「未来チーム」「みんなでやろまいチーム」「笑顔発信チーム」の3つのチームに分かれて、バラエティに富んだ活動を展開しています。

城下町ホットいわむら
城下町ホットいわむら

恵那市総合計画(地域計画)

1.健やかで若さあふれる元気なまち

(地域による取組み)
・福祉ボランティアへの参画
・シルバー世代のコミュニティ活動の推進

(行政との協働での取り組み)
・高齢者の健康管理(シルバーサポート)
・障がい者福祉の推進
・お互いに助け合うやさしいまちづくり
・安心して暮らせるまちづくり
・地域福祉計画の策定と推進体制の充実

2.豊かな自然と調和した安全なまち

(地域による取組み)
・ゴミの分別と環境保持の徹底したまちづくり

(行政との協働での取り組み)
・避難場所の明確化と地域防災組織の役割分担の強化
・不法投棄の防止対策と自然を守る活動の推進
・天正疎水の管理と保存

3.快適に暮らせる便利で美しいまち

(地域による取組み)
・美化運動の推進を図る

(行政との協働での取り組み)
・交通安全の確保
・交通弱者対策としての交通手段の充実
・ゆかりの郷等交流事業の促進と協会の充実
・都市農村交流事業(稲刈り体験など)

4.活力と創造性あふれる魅力あるまち

(地域による取組み)
・地域資源を活かした創意工夫に基づく地域の魅力アップ事業の推進
・地場農産物を活かした特産品づくり

(行政との協働による取組み)
・古い町並み、商店街の空き家、空き店舗の整備・活用
・城山道路の整備・清掃
・観光案内所の充実と観光ボランティアの育成
・男女別観光トイレの設置・運営
・観光客用駐車場の利活用の検討
・鳥獣害防止対策
・地域情報の積極的な配信

5.思いやりと文化を育む人づくりのまち

(地域による取組み)
・町民みんなで参加する活動の実施

(行政との協働による取組み)
・家庭と地域の情報共有
・老若男女のふれあい推進交流
・学校行事へ一般市民の積極的な参加
・文化財保護・伝承活動
・郷土の偉人の教えを学び、全国に発信
・スポーツの振興・推進

6.健全で心の通った協働のまち

(地域による取組み)
・組織の改善と行事の集約

(行政との協働による取組み)
・自治会活動の充実と連携
・人材発掘・活用
・市民が施設を積極的に活用する

このページの先頭へ